『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

エロ有り、アクション有りの
娯楽エンタテインメント。

物語的には前半のいろんなことが
ぜーんぶなんじゃそりゃ?
…てな感じもあるのだけど
あんまり深く感がちゃダメかもね。
(ゴリはゲスト的なキャラなのかと思ってたら
 物語の中心的な存在でビックリした。(

大泉洋、松田龍平の主役二人が
とにかくかっこよい。

あと前作見てないと解らないトコもある。

個人的には2年に1作くらいで
シリーズ化してもいいんじゃない?



スポンサーサイト

宮沢りえ代役『おのれナポレオン』

三谷幸喜が作・演出、野田秀樹が主演の
舞台『おのれナポレオン』。

天海祐希が心筋梗塞で降板し
宮沢りえがわずか2日間の準備で
4ステージを務めることとなった。



三谷舞台での降板といえば
1996年の『巌流島』。

当初は主役の宮本武蔵を役所広司、
佐々木小次郎を陣内孝則が演じる予定だったが
三谷の脚本の出来があまりにも遅いため
陣内が降板を申し出るという事態になった。
この時は別役でキャスティングされていた
益岡徹が佐々木小次郎を演じ
益岡が演じる予定だった役を
三谷の劇団仲間・小林隆が
急遽キャスティングされ演じた。

結果、最初の1週間が公演中止となったのだ。
(僕はたまたま8日目のチケットを持っていたため
 ギリギリ観ることが出来たのだった)



次は、2002年の『You Are The Top/今宵の君』。
市村正親と加賀丈司の共演で話題となった舞台だが
初日三日前に急性虫垂炎で加賀丈司が降板。

この時は浅野和之が代役を務めた。
3日間の公演中止後、無事で全公演を演じた。



でも言っちゃなんだが
当時の浅野和之は全然売れてなかった。
売れてないから突然の1ヶ月間の舞台も
スケジュールが空いていた。
これは浅野和之にとってはビッグチャンスだったのだ。
結果的に、今では三谷作品の常連となり
映画、舞台では美味しい役で登場するようになった。




でも、今回の宮沢りえはそうではない。
宮沢りえほどの知名度のある女優が
わざわざリスクを冒してまで引き受ける仕事ではない。

「すごい」以外の言葉が見つからないよ。

『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』

キャストといい、設定といい
もっと笑えるコミカルな内容を期待してたんだけど
意外とそうでなくて肩透かしだった。
窃盗団の話という現実味の無い物語なんだから
もっとバカバカしいくらいでいいんじゃない?

かといってズッシリとした感じでもなく
(ツッコミどころも多いし…)
どこか中途半端な印象。
人物の描き方も薄い。


視聴率は、初回12.3%。
2回目は10.5%。
前クールの『夜行観覧車』と
おんなじようなモン。
良くも悪くもないけど
『夜行観覧車』ほどインパクトはない。




笹原(松雪泰子)のお父さんは
TAKE FIVEが引き起こした事件で
死んだということだけど
お父さんも、TAKE FIVEの
一員だったのではないのかと予想。


キンドルGWセール

アマゾンのキンドルストアが
GWセールなんてやってました。
1巻のみ99円!!

コミック 第1巻 99円


まだ間に合います。
危なかった…。
気づいてよかった。

ちなみにキンドルストアの本というのは、
キンドル専用端末が無くても読めます。

iPADでも、iPhoneでも、アンドロイド端末でも
99円なら試しに買ってみてもよいのでは?


『家族ゲーム』

嵐の櫻井翔主演で蘇った2013年版『家族ゲーム』。


『家族ゲーム』といえば
松田優作主演の1983年の映画が
強烈に印象に残ってるので
そのイメージが強いが
実は、ドラマ版としては過去に2度制作されている。

1作目は映画の前年1982年。
テレビ朝日より
鹿賀丈史主演で『月曜ワイド劇場』の2時間ドラマと制作された。
世代的に僕は見てはいないが
あまり語られていないトコロを見ると
コケたのかもしれない。

そして映画公開の半年後には
今度は、TBSで
長渕剛主演で連続ドラマ化されている。
長渕剛にとってはドラマ初主演。
こちらは好評で、後に続編、
更にスペシャルまで作られている。

実は、僕が初めて見た『家族ゲーム』も
長渕版なのである。



テレ朝、TBSときて、今回はフジテレビ。
(3局で同じ原作のドラマって過去にあるのだろうか?)

ただ、原作の書籍が発売されてから
30年以上も経過しているため
原作とは呼ぶには少々無理もある。
『家族ゲーム』という
インパクトのあるタイトルが
使いたかっただけなんだろね。


櫻井翔というキャスティングもなんか微妙だった。
役者としてどうこうというよりも
「風変わりで型破りな家庭教師」という
イメージに合わないのである。

慶大卒で、報道番組のキャスターも務める
優等生的なイメージに加え
31歳にしては見た目が幼くて
威圧感にも欠けている。

松田兄弟にしろとは言わないが
もうちょっとピッタシのキャスティングは
なかったのだろうか?


キャスティングの話で言えば
1話に宮川一朗太がゲスト出演しているのは
映画ファンへのサービスかな。


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR