『HERO』と『アオイホノオ』



『HERO』は前作の魅力をしっかり
受け継いでいたのが良かった。

むしろ、なぜ今まで続編をやらなかったのかが
分からない。
続編を批判する人がいるが
ファンが期待している続編なら
むしろやる必要がある。
『相棒』なんて、何作やっても支持されているしね。

『ショムニ』や、『GTO』、『ナースのお仕事』みたいに
期待してない続編をやるから批判される。


ただ、『HERO』でガッカリしたのは
あれだけ期待させながら
松たか子とハリセンボンが出演しなかったこと。
チラっと出すだけでいいのに…。
こういうところが、フジテレビのダメなとこだよなぁ。







『アオイホノオ』は良かった。
期待してたけど、期待してた以上に良かった。

コアな内容で、分かる人だけ分かればいい
…という感じなので
深夜以外では絶対無理だけど
僕が知る限り、かなり評判は良かった。

ラストは、岡田斗司夫に島本本人も登場した上で
『燃えよペン』に繋がる形での完結。
庵野まで出たら完璧だったけど
それは続編へのお楽しみにしておこう。
ぜひ続編、やって欲しいよ。

『HERO』もね。

スポンサーサイト

『白ゆき姫殺人事件』と『GODZILLA ゴジラ』

遅めの夏休みを貰って海外に行っておりました。
機内で見た2本の映画についての感想です。


まず『白ゆき姫殺人事件』
湊かなえ小説の映画。


公開当時、気になりながら
見逃していたのだがようやく見ることが出来てよかった。

すごく面白かった。
犯人は割とすぐ予感出来るので
ビックリするようなオチというワケではないが
いろんな角度からの証言で、
どんどんと追い詰められる主人公が、
一転して同じシーンであっても、
カメラアングルを変えることによって、
当初の思惑とは、まったく違う結末を迎える
…という手法がとても上手くて引き込まれた。

僕も日頃から感じていたが
ネットやメディアの無責任さがよく出ている。
なんでもかんでも無責任に
信じられる時代ではないんだよなぁ。

井上真央の地味な感じもよかったし
菜々緒も適役だった。






次は『GODZILLA ゴジラ』

僕は怪獣映画自体に興味がなく
日本版、アメリカ版関係なく
『ゴジラ』そのものを見るのが初めてなので
今回のゴジラが王道なのか変化球なのかもよく知らない。

でも興行的に成功しているし
続編も決定しているらしいので
ゴジラっていうのは
こういうモンなんだろうね。

ただぶっちゃけ、ゴジラの立ち位置がよく解らない。
ウルトラマンみたいな正義の味方なの?
ゴジラは倒さなくてもいいの?

核兵器で倒そうと無駄にジタバタしてる
人間たちをよそに
ゴジラがムートーを倒したので
なんとなくハッピーエンドみたいになったけど。
きっと、こういうモンなんだろう…と。

結局、ゴジラファンが求めてる部分って
物語とか、人間愛とかじゃないんだよね。
いかにゴジラをかっこよく、大迫力で
表現出来ているか。
だから機内の小さい画面で見てる時点で
ゴジラファンから見たら
「バカか」ってことだろう。(笑)

「ナースのお仕事」復活

「ナースのお仕事」が12年ぶりに
復活…って、どうだろう??
みんな見たいのかなぁ。

当時の観月ありさは本当に可愛くて
そんな可愛い観月がドジ
…ってのがまぁ良かったんだけど
今や完全に化粧の濃いおばさんに
なってしまったもんなぁ。

松下由樹とおばさん二人の
看護師の話になるんだけど
それってどうなんだ?
ドジなおばさんを怒るおばさん…だよ。

『おやじの背中』

僕は子供の頃から
映画とかドラマを見ると
必ず監督(演出)と脚本家を確認する子で
今も、作品を見る基準は
監督と脚本家が8割である。

そんな僕にとって『おやじの背中』は
すごく嬉しい企画だったんだけど
これって、世の中では少数派なんだよね。
みんな、スタッフにそれほど興味ない。



さて、『おやじの背中』の最終回は
三谷幸喜だったんだけど
毎度おなじみのウソをついて
なりきっちゃうパターンだった。
ホントに好きだなぁ。
さすがにもう、みんな飽きてるんじゃない?

主役は、病気療養の市村正親代わって
小林隆だったんだけど
小日向文世が出てるんなら
主演・小日向でよかったんじゃないの?
視聴率は最低の6.2%。
そりゃ、そうだよね。
小林隆では弱いよ。



ここからは三谷ファンとしてのマニアックな話。

脇では堀内敬子、瀬戸カトリーヌ、
八嶋智人といった
三谷作品常連メンバーがカメオ出演していたが
元AKBの秋元才加は、
舞台『国民の映画』以来の三谷作品。
吉田羊は、『国民の映画』にも出演しているが
2009年の東京サンシャインボーイズ『returns』で
唯一サンシャイン以外のメンバーとしても
出演している。
僕はこの作品で吉田羊を知った。


しかし、ラストはなぜ小栗旬だったのだろう?
三谷作品的にいえば
藤原竜也、妻夫木聡あたりだろうけど…。

舞妓はレディ

周防正行は好きな映画監督だけど
最近は、「それでもボクはやってない」、
「終の信託」など暗めの作品が多くて
ちょっとガッカリだった。

しかし、今作は「シコふんじゃった。」や
「Shall weダンス?」のような
久々にホンワカした楽しい作品だ。
これを待ってたよ。


「舞妓はレディ」はタイトルのように
「マイ・フェア・レディ」をベースにした物語で
15歳の少女が舞妓修業に奮闘する姿を描いた
ファンタジーミュージカルである。

舞妓とか芸妓とかって
僕らにはよく解らない世界であるが
そこをファンタジーにくるめて解りやすく
描く辺りは流石だ。

また、周防作品のメンバー達も続々登場して
周防作品を観てきた人にはたまらない演出。
ラストには、トニー○○まで登場する。






『アメトーク!』タッチ芸人

満を持しての『アメトーク!』のタッチ芸人である。

ジョジョの例もあるので
ちゃんと作品の中身に触れてくれるのかが
心配だったけど…
やっぱこういう回は土田がいると安心だ。

それでも、お色気シーンの話とか
あだちキャラの見分けつかないとかは
いらなかったなぁ。
柏葉監督とか、新田の妹とか、西村とか
もっといいところ、いっぱいあるのに…。



タッチの凄いところは
和也が死んだ後にも
ずっと三角関係が続くところだと思う。

普通、三角関係の一人が割と前半で死んじゃう
なんてあり得ないのに
死んでしまったことが
逆に達也と南の心のフックになり
前に踏み出せなくなってしまう…という
複雑な三角関係が本当に見事なのだ。

そんな中で、ずっと答えから逃げてきた達也が
甲子園の開会式を抜け出して鳥取まで
南に会いに行って告白するという
ラストの名シーンが、
なぜかアニメではカットされており
電話での告白に簡略…。
なぜ変える必要があったのか…
この辺りもアメトークで触れて欲しかったよ。



両親は大泉洋と常磐貴子

来年の朝ドラ「まれ」で
土屋太鳳演じる主人公まれの両親を
大泉洋と常磐貴子が演じると発表した。

大泉洋と常磐貴子と聞くと
僕は名作『アフタースクール』を思い出してしまう。




しかし、二人と同世代の僕からすると
もうこんな大きな子の親をやる年なのかと
改めて時代のスピードを感じてしまった…。

『STAND BY ME ドラえもん』60億円突破

3DCGアニメの「ドラえもん」が
興行収入60億円を突破した。

3DCGの「ドラえもん」を制作すると聞いたとき
「客をどれだけバカにしてんだ?」と
呆れたのだが、フタを開けてみればこれだもんね。
なんかガッカリだなぁ。


だって物語は、テレビアニメでも散々リメイクして
何度も放送し倒している
「のび太の結婚前夜」、「さようならドラえもん」
辺りをくっつけただけでしょ?
こんなクリエイティブの欠片もない作品を
わざわざお金払って見るというのが
全く僕には理解出来ないよ。
たぶん、僕の想像以上のモノは一切出てこないだろうし
原作とかけ離れたCGアニメなのも
受け付けない…。
よくドラマを映画化することについて
賛否があるが、それより酷いと思う。



毎年、春休みにやってる大長編ドラえもんは
「のび太のひみつ道具博物館」の39.8億が
過去最高なのだが、
今回のが60億超えとなると
ゼロから新しい映画を作ってる人間は
バカバカしくてやってらんないと思う。
僕はやっぱり、ゼロから1を生み出してる作品を
評価してあげたい。

ただ、これに味を占めて
「おばあちゃんの思い出」とかで
続編やるんだろうね。



王立宇宙軍 オネアミスの翼

ドラマ『アオイホノオ』も
岡田斗司夫が登場して
いよいよガイナックス設立へと
動き出しているが
この劇中の5年後に彼らがプロとして
ガイナックス設立とともに制作したのが
映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』である。

アオイホノオのメンバー達でいうと
企画を岡田斗司夫、
監督・原案・脚本を山賀博之、
助監督を赤井孝美、
作画監督を庵野秀明が務めている。

スタッフの平均年齢は若干24歳という若さ。
普通は、まずアニメ制作会社に入って
経験を積んだ後にようやく監督として
自分達の作りたいモノを作る
…というのがよくある流れだと思うが
この若さでいきなり劇場用映画を作っちゃうなんて
それだけ彼らのパワーとセンスが
凄まじかったのだろう。



公開は1987年で
当時、僕は中学生だった。

僕は、今も当時も
どちらかといえばアニメには疎い人間だ。
…にも関わらず、なぜかこの映画には
惹かれるものを感じ、観に行った。
とても好きな作品である。



ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

アクションRPGの「ドラゴンクエスト」が
PS4・PS3で2015年春に発売される。
これはナンバリングタイトルにあたる
「ドラクエ11」ではない。
あくまで外伝的な位置づけである。

「三国無双」「ワンピース海賊無双」などの
コーエーテクモゲームスの開発チーム
「オメガフォース」が手掛けており
簡単に言えばドラクエ無双って感じだ。


僕はまさにリアルタイムで
ドラクエをやってきた世代なんだけど
正直もう、RPGはたるくてやってられなくて
アクション性の強い今作は
なんとも楽しみな作品である。

久しぶりにワクワクするゲームが出来てきた。
出来たらWiiUでも発売して欲しいなぁ。
3DSだとなおさら嬉しい。






ところで、そろそろナンバリングタイトルの方も
発表していい時期なんじゃない?
あと、個人的には「いたスト」の新作も
しばらく出てないよ。
スマホに押され気味のゲーム界を
活気づけて欲しいなぁ。

プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR