ギャラクシー街道

とにかく酷い映画だった…。
よくこんなモノを平気で出してきたなぁ。

脚本がまるでダメ。
…というか3割くらの出来なんだよ。
いろいろと楽しく出来る要素はある。
なので、もう4~5回は練り直して
煮詰めて押し込んで
ようやく完成になるハズなのに
後は役者に面白くして貰おう
…的な見切り発車でやってしまう。
三谷幸喜は、ここ数年ずっとこんな感じ。

なので驚きはしなかった。
何年も、そんな舞台を
ずっと見させられてきたから…。
まぁ、映画もそうか…と。

前作の「清洲会議」が
たまたま面白くなかったのではなく
もうこの先、ずっとつまらないのだ。
…というか年々ヒドさが増している。

「見て良かった」と思えた三谷作品て
いつ以来だろう?
25年以上三谷作品を観続けてきた
三谷信者としては、ただただ淋しい…。


とにかく、この映画については
観に行かないことを強くお勧めする。
退屈な2時間を過ごすことになるだけよ。

これだと、来年の大河も散々な結果になりそう。
スポンサーサイト

釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜

面白かったなぁ。
濱田岳のハマちゃん、すごく良かった。
全く違和感なかった。

一方、西田敏行は濱田岳に引きずられて
アドリブで笑い取り過ぎな気がする。
ハマちゃんが二人いるみたいだよ。

スーさんは、威厳のある品のいいおじいちゃん
…って感じだと思うんだけど。

まぁ新しい「釣りバカ」ってことで
これはこれで面白いからいいか。


今期で一番楽しみなドラマになるかも。

遺産争族

今、一番テレビを見ているのは高齢者。
「相棒」もそうだけど
その層をターゲットにするのは
視聴率を得る一番の近道である。

相続税が今年1月から
基礎控除が引き下げられたこともあり
高齢者にとって「遺産相続」は感心のある題材。
14.2%という初回視聴率も
その感心の高さを示している。


あんまりドロドロし過ぎたら嫌だなぁ
…と思っていたけど
いい頃合いに仕上がっており
最後までテンポ良く見せてくれた。

井上由美子脚本はこのくらいが調度いいね。
社会問題を深く掘り下げようとすると
内容が薄っぺらくなってしまう。

そして、向井理はこういう表面的クールだけど
奥底で何考えてるか判らない役は
ピッタリはまる。

向井理演じる研修医が婿養子となり
岸部一徳らの河村家と
どう対峙していくのか楽しみに見ていきたい。

フジ社長「27時間テレビ」見直し発言

フジテレビの亀山千広社長が
定例の社長会見の中で「27時間テレビ」について、
「もう一度しっかり考えるところに
 来ているかなあと思います」と述べた。


いろいろ言われている「27時間テレビ」だけど
僕のようなテレビ大好き人間にとっては
年に一度のスペシャルなお祭り。
今後も絶対に続けていって欲しいけど
ここ数年、マンネリ感が強く
内容が劣化しているのも事実。

そもそも「27時間テレビ」は
フジテレビの既存番組の延長線上にある。
つまり、現在ヒット番組が生まれてない中で
「27時間テレビ」が面白くなるハズもない。

まずは土台となるヒット番組を
作り上げることが急務なんだと思う。

あと、しっかりとした準備期間も必要。
今年の「めちゃイケ」は明らかに準備期間不足。
あれではスタッフも演者も可哀想だ。

下町ロケット

「半沢直樹」から始まったように思われている
池井戸潤のドラマブームだが
切っ掛けを作ったの
WOWOWの2009年のドラマ「空飛ぶタイヤ」である。


「空飛ぶタイヤ」は好評を博したのはもちろん
数々の賞を受賞した。


そして2年後の2011年に
「下町ロケット」を再びWOWOWがドラマ化する。

原作は、タイミング良く
直木賞も受賞することになり
民放は完全にWOWOWに出し抜かれることになった。

この2本のWOWOW作品から
池井戸潤が映像と相性がいいことに
気付いた民放各局は
池井戸作品の争奪戦となる。


…で、今回のTBS版「下町ロケット」である。
本来ならWOWOWからたった4年後に
同じ原作に手をつけるなんてあり得ないが
なりふり構ってはいられない。

更に、TBS版では続編の「下町ロケット2」が
ドラマ後半となる。



既にWOWOWで評価を得ている
「下町ロケット」が面白いのは当たり前。
TBSは、新たに作り直す以上
より完成度の高い作品でなければやる意味はない。

後半もWOWOWが作った方が良かったなんて
言われないように頑張って欲しい。


オトナ女子

アラフォー3人で集まったり
なんとなく「最後から二番目の恋」的な世界観…。

篠原涼子の会社はなんの会社なのか
イマイチ解らない…。
…と思ったら「恋愛アプリを手がける会社」
と公式サイトに欠いてあった…。

待て待て!
恋愛アプリなんてここ数年の話じゃないか。

それまで篠原は何をしていたんだ?
仕事出来る風に見せてるけど
実績も経験もなさそうだし
部下から見たら
「偉そうにしてっけど
 こいつ(篠原)本当に解ってるか」
…って思ってしまう。
そもそも恋愛アプリの会社ってのも不安だ。

江口洋介もいい年した社会人だったら
突然来ないで、事前にアポ取ってよ。
大した会社じゃないからナメてるのかな。

タイトルバックに登場しない
斎藤工はレギュラーメンバーではないので
1話でサヨナラパターン。
そもそも同棲してる彼がいたら
新しい恋愛は始まっていかないもんね。



あと、通勤中に揉めた相手に仕事で再開とか
同じモノを取ろうとして手が触れ合うとか
男に裏切られて雨の中歩くとか
ひと昔感満載…。
アラフォー視聴者を意識してやってんのか
単にバカにしてるのか…
ツッコミどころ満載で
先行き心配なドラマだよ。

キングオブコント2015

今回は今までのルールを一新して
松本人志、さまぁ~ず、バナナマンでの
審査に変更した。

ここにウッチャンと志村けんまで加わったら
まさに完璧な審査員ではあるけれど
それは贅沢ってもんだ。
裏に「イッテQ」もあるし…。


コロコロチキチキペッパーズの優勝には
一切の異論はない。
1本目も、2本目も文句なしに面白かった。

ロッチは1本目はすごく良かったのに
2本目の失速は酷かったなぁ。
何も面白くなかった。
ネタ終わった瞬間に結果は見えてしまった。

バンビーノは個人的には
全く好きになれない。
去年のネタもそうなんだけど
僕はリズムネタが嫌いなんだと思う。

ジャングルポケットは
もっと普通に出来ないのかなぁ…と思ってしまう。
面白くしようとして変なテンションで
演じるのが、逆に見ててツライ。
ネタの中身が面白いんだから
普通に演じた方がよいのでは?




やっぱり、この審査員は大正解だった。
結果には大満足!!
毎年、見終わった後に残るモヤモヤが
全く無かった。

モヤモヤといえば…今回は
裏番組の「モヤモヤさまぁ~ず」がお休み。
この番組のために調整してくれたんだろうか?
だとしたらテレ東さんありがとう。

無痛〜診える眼〜

医療ドラマかと思ったら
こりゃ刑事ドラマだな。

毎回、事件を解決するために為頼(西島秀俊)の
チカラを借りていく
「ガリレオ」的な話なのかな?

しかし、マッチョな医者二人に対して
小柄な伊藤淳史が刑事とは…。
しかもお調子者的な役ではなく
常にピリピリしているらしくない役。
意外なキャスティングだったけど
悪くないね。


内容もテンポよく楽しく見れた。
視聴率11.6%もまずまずだね。

いろいろと伏線が多いが
今後、どうやってそれを回収していくか…。

最後まで楽しませて欲しい。

あすなろ白書

ジムで走りながらスマスマを見ていたら
西島秀俊が出演し
先日、あすなろ会を実施したという話をしていた。


あすなろ会とは1993年のドラマ『あすなろ白書』に登場する
サークルの名前である。

あすなろ会のメンバーは
石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、
鈴木杏樹、西島秀俊の5人。

西島によれば、今回
彼ら5人がプライベートで揃ったというのだから
なんか楽しくなってしまう。




僕ら世代は、みんな『あすなろ白書』を知っている。
ちゃんとは見てなかったにしても
なんとなくは知っている。
正直、僕も話はほとんど覚えていないけど
大学生の青春モノといえば
この作品な気がする。


原作は柴門ふみのマンガ。


ドラマ脚本は北川悦吏子で
北川の出世作となった。


主役は石田ひかりで
石田ひかりと筒井道隆の恋愛を中心とした物語である。
(たしか…)

そして、西島秀俊といえば『あすなろ白書』で
死んだヤツ…というのが
僕の中での西島秀俊の思い出だった。



平均視聴率は27.0%。
月9黄金時代を代表する作品だったなぁ。

今期はドラマ、何を見る?【2015秋】

僕は、ドラマを選ぶ時
出演者より制作スタッフを重視する。
そんな僕が今期観るドラマはコレだ。



『オトナ女子』
木曜22:00

脚本は、「結婚できない男」や
「梅ちゃん先生」の尾崎将也。
けっこう当たりハズレが大きいが
篠原涼子のラブコメということで
上手くハマれば楽しそうな気がする。





『下町ロケット』
日曜21:00

三上博史のWOWOW版が4年前なので
早すぎる感が強い。
WOWOW版はすごく出来が凄く良かったんだよね。
それと比べられてしまうけど大丈夫か?
しかもWOWOW版は5話だったのに対して
TBS版は全10話。
後半は新聞連載中の続編となる。
脚本は「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」
「流星ワゴン」の八津弘幸。
役者陣は問題なさそうなので
全ては八津弘幸の本次第。




『無痛〜診える眼〜』
水曜22:00

日本テレビにいいようにやられている
水曜22時に、フジは西島秀俊で戦いを挑む?
医者モノはハズレにくいが
視聴者はそろそろ飽きてない?
少なくとも僕は、医者モノ飽きてる。
脚本・大久保ともみも連ドラ経験に乏しく
フジは本当に勝つ気あるのかな…。






『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』
金曜20:00

これはとりあえず1話だけ
お試しで見るという感じ…。

濱田岳と西田敏行の新コンビは
楽しそうだ。
あとは脚本と演出次第…。




『偽装の夫婦』
水曜 22:00

「女王の教室」の遊川和彦と天海祐希の
タッグが復活
…というウリですが
たぶん見ないです。

遊川和彦脚本はイライラするだけなので
今度こそ騙されません。

プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR