桃太郎電鉄

2月25日放送の「アメトーーク」は
テレビゲーム「桃太郎電鉄」を
題材とした内容だった。

桃鉄こと桃太郎電鉄は、1988年に
さくまあきらがデザインし
ハドソンが制作することで
ファミコンからスタートしたテレビゲームである。

このファミコン版は
その後の桃鉄と大きく内容が違う。
目的地が1つじゃなかったり
1年は春・夏・秋・冬の4ターンだったり
貧乏神もいなかったり…と。

ファミコン版の翌年、PCエンジンで発売した
「スーパー桃太郎電鉄」がその後のシリーズを
作り上げた一作目と言ってもよい。

以降、スーファミ、プレステ、ゲームボーイ
と毎年のように発売されていた桃鉄シリーズだが
2012年でそれは終了する。

理由はずっと制作を続けてきた
ゲームメーカー・ハドソンが
2011年に経営危機により
コナミに買収されたことに端を発する。
これによって桃鉄の権利は
ハドソンからコナミに移ることになる。

さくまあきらと共に
長年に渡ってから桃鉄を制作していた
元ハドソンの社員達が、コナミの社風と
合わない事を理由に会社を辞めてしまったこと。
そして、その後引き継いだコナミの社員との
トラブルにより「新作を作るつもりがない」と
さくまあきらが宣言するに至った。


昨年(2015)の6月2日、さくまあきらは
ツイッターでこうつぶやいた。
「桃鉄の権利をコナミから買い取って、
 ほかのメーカーから発売すればという意見もある。
 だから、コナミにパーセンテージ払って
 発売することを提案した。
 コナミの石川は上に聞きますと言いながら、
 その後もうちが要求した返答なし。
 だから桃鉄を終了した。」

その翌日の6月3日に、
コナミは以下の内容をリリース。
「(略)同シリーズは、多くのファンの皆様から
 ご支持頂いていると共に、
 弊社も長年かけて育ててきた
 大切なタイトルですので、
 今後も続けて参りたいと思っております。

 次回作をどのような形で提供できるかについては、
 さくまあきら氏と話し合いを続けておりますが、
 残念ながらまだ結論が出ておりません。(略)」

そんなコナミに対して、さくまは過去に
「作品に対する愛情のなさ。
 ゲーム作れる会社じゃないことはよくわかった。」
ともツイートしており
両社の溝は深まるばかり…。
コナミはシリーズ終了は否定しているものの
もうコナミから発売するのはムリな感じである。



今年は記念イヤーでもないし
新作も出ないのに
「アメトーーク」で取り上げたのは
なぜなのかと疑問に思ったが
これはコナミとさくまあきらに対して
桃鉄を愛するファン達の声を
代弁したメッセージなんだと思う。

僕も番組を見て
昨晩、久しぶりに桃鉄遊んでしまった。
早く新作が発売されることを
桃鉄を愛する一人として、願っている。

スポンサーサイト

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #6

何やら危ない仕事をしている練と晴田。
あの頃から晴田は
ずっとこんな仕事をしていたのだろうか。
以前、「東京は、夢が叶わなかったことに
気づかずにいられる場所だよ。」と言ってたが
彼も夢を諦めた一人だったのかな。

しかし、その仕事を佐引が知っているというのは
なんか違和感を感じた。
引っ越しの職場には顔も出さずに
電話一本で止めているのに
同郷というだけで仲が良かったワケでもない
佐引にわざわざ仕事場教えるかな?
しかも丁寧に名刺まで渡してる。
携帯は番号変えてるのにね。
ちょっと物語的に都合がいいなぁ…と。

そして音なんだけど
そんな変わってしまった練を見ても
音はまだ気持ちがあるのだろうか。
5年も経ってて、
しかも2年付き合ってる彼氏もいて…。
会ってみたいと思う気持ちは解るけど
会ってガッカリしなかったのかな。


あと、小夏はどうしたんだろうね。
木穂子が元気になったら
今度は小夏に振り回されるのか。
晴田にしても小夏にしても
練の優しさに付け込んでる感じが嫌だなぁ。
「一生償うつもりでいるの」と言われてたけど
償わなきゃいけないこととは何だろう?

『27時間テレビ』総合司会はウンナン?

今年の夏の『27時間テレビ』。
総合司会はウッチャンナンチャンで内定した
というニュースを見た。

ウンナンは27時間やってないし
もし本当なら久々に楽しみな27時間になりそうだけど
日曜はウッチャンは「スクール革命!」と
「世界の果てまでイッテQ!」を
日本テレビでやってんだよね。

「スクール革命!」は昼間なので
その時間は出演を控えることは出来るけど
グランドフィナーレと重なる「イッテQ」は
さすがに無理だろう。
1時間前倒しにして20時に終わるか?


もし、本当にウンナンならこんな27時間を見たい。

まずは「やるやらVSめちゃイケ」の
新旧土曜8時対決。

そして23時からは伝説の「夢で逢えたら」の
復活スペシャル。
久々にガララニョロロと村さんの絡みが見たい。

深夜の「今夜は眠れない」と
明け方の系列局企画を挟んで
日曜朝10時からは「ワイドナショー」スペシャル。
ウンナンの二人がコメンテナーとして登場。

昼からはみなさんのおかげ企画。
食わず嫌いにナンチャン登場。
(スクール革命!の時間ね)
タモリVS南原清隆のお昼の顔対決。

更に男気じゃんけんには
ウッチャンとさまあ~ず参戦。

夕方からは「笑う犬」&「レッドシアター」スペシャル。

こんなムリそうな企画を考えてるだけで楽しい。
ただ、当たり障りのない内容で
お茶を濁すだけだったらやらないで欲しい。

しかし、こうして考えてみると
夢逢い、やるやら(だれやら)、笑う犬、ジッドシアター…と
ウッチャンとフジはずっとコントで歩んでるんだなぁ。



真田丸 #7

珍しく今回は信繁が中心の話。

人質救出シーンの門番とのやりとりは
三谷の最も得意とする展開。
勘違いで話が進行する展開はアンジャッシュっぽい
なんて言う人も多いが
アンジャッシュは三谷をパクったんだよ。

いつものコメディならこれで
切り抜けてしまうところだけど
流石に今回はバレて捕まってしまったか…。


きりについては相変わらず厳しい意見が多いね。
ただ、言葉使いや態度の悪さままでならともかく
長澤まさみは大根だとか、挙句の果てには
堺雅人が演技が下手だとか…
あまりにもトンチンカンな批判には呆れるばかり。

現代風のセリフに文句あるなら
「真田丸」の時代考証をしている
歴史学者の先生達に言ったらどう?
彼らは自分達の名前を出して時代考証している以上
本当に間違ってたらNG出すだろうよ。


あと、実際の長澤まさみは大人だけど
今のきりはまだ子供なんだよ。
堺雅人も42歳のおじさんだけど
今は15歳の役を演じている。
きりはいくつか知らないけど
信繁より下なんだろう。

二人ともこれから物語が進むに従って
大人に成長していくんだよ。






先日、松岡茉優が正室・春役で出演すると
本人のブログに書いてあった。
ファンとしては初三谷作品に
どんな感じで登場するのか楽しみだ。


いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #5

練と木穂子がいつまでも続くことはないと
思ってはいたけど
こんな終わらせ方とはね…。

小夏の暴走は晴太の入れ知恵だと思うが
いったいどうしたかったのだろう?
晴太の思惑がイマイチ見えてこない。
練の好きな人を階段から突き落としたところで
練と小夏が上手くいくとも思えないし
そもそも晴太もそれが目的ではないように思える。

一番可哀想なのは木穂子だ。
小夏の言ってることは間違ってないけど
もっとやり方があったよね。
あれでは自分自身も傷つけてしまう。
まぁ、後先考えずに感情で動いてしまう
…それが若いってことなんだけどさ。

しかし、不倫のことは練の携帯を
盗み見して知ったのは分かるんだけど
練と音が両想いというのを
晴太はどこで気付いたのだろう?
あの二人の会話を聞いただけで
そこまで解るって晴太は何者?

あと、音って練のアパート知ってたっけ?





そして、イッキに5年後…。

変わり果てた練の姿。
練を変えてしまったのは震災だったのかな。
じいちゃんの畑を取り戻すために
もう手段は選んでられないってことなのか?


一方、音からはタイトルでもある
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の
セリフ…。
中盤でこのセリフが登場するということは
ラストはハッピーエンドな気がする。
どういうハッピーかは解らないけど
みんなが笑顔で終われたらいいね。



真田丸 #6

信長の死後、秀吉が明智光秀をあっという間に
討ったのは歴史の疎い僕でも知っている。
「清洲会議」で見たしね。

その秀吉を演じるのは小日向文世。
「清洲会議」では大泉洋が演じてたので
もっと若い人なのかと思った。
調べてみたら秀吉は当時45歳くらいだった。

小日向文世は策士な感じはするけど
もっと若い人でも良かったんじゃん。



ネットを見てると草刈正雄の演技を
評価している人が多くて驚いた。
別にいつもの草刈正雄じゃないの?
下手とはいわないけど
特別上手い役者とも思わない。
そんないつもの草刈正雄。

役的に中心に居て美味しいのと
草刈正雄らしさが良く出てるキャラなので
とても魅力的に描かれているけどね。


一方、きりを演じる長澤まさみは
非難の多い可哀想なキャラクターだね。
セリフに関していえば
長澤まさみは台本通り演じてるだけだもんね。
それに対して長澤まさみに文句言ってる人は
少し冷静になろう。

また、梅(黒木華)に支持が集まるのは
三谷的には想定通りだろう。
今回の長澤まさみはそういう役どころだよ。

さらば あぶない刑事

僕は「あぶない刑事」の大ファン
という程ではないけれど
第一シーズンからリアルタイムで
楽しんで見ていた世代である。

この映画は、そんな当時の「あぶ刑事」を
見ていた人のための作品だ。

横浜の街はすっかり変わってしまったけど
タカもユージはあの時のまんま年をとって
あの時のまんまの軽妙な駆け引きと
軽快なステップ。
走るユージとバイクに乗るタカ。
ファンにはたまらない2016年版の名場面を
たっぷり見せてくれた。
脚本がどうとかもうどうでもいい作品。


残念なのは、オープニング…。
最後だからこそ
タカが署に入ってくる有名な
オープニングをぜひ再現すべきと思った。
せめて曲だけでも…。


いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #4

練は音のことが好きだったと告白。
そうだったのか。
東京に来て一番楽しいという言葉は
そういうことだったのね。

でも、練は木穂子を支えないといけない。
そう考えて音への気持ちは
封印することにした。
何も説明しなかったけど
音もなんとなく察したんだろう。

好きでもないのに温情で一緒に居るのは
相手に失礼だ…という意見もあると思うけど
でもさ、そんな簡単に立ち回れないよ。
今の木穂子を一人にはさせられないでしょ。
男気ってそういうもんだよ。
むしろそこを簡単に乗り換えられる男は
クズ野郎だと思う。

まぁ、だからと言って
音に冷たく接しなくてもと思ってしまう…。
たまにバスで会った時に
挨拶してちょっと楽しく話す。
それくらいの関係ではダメなのかなぁ。
不器用な練はそんなふうに
上手く割り切れないのだろけど…。



一方、よく解らなくなってきたのは
小夏(森川葵)と晴太(坂口健太郎)。
完全に別ストーリーみたいになってきてるけど
晴太が小夏を好きになるというのは
ちょっと意外だった。
交友関係も広そうだし、モテてそうだしなぁ…。
そもそも晴太は何をしてる人なんだ?


クドカン「ゆとりですがなにか」

宮藤官九郎脚本のドラマ「ゆとりですがなにか」が
4月から日本テレビで放送される。

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥の3人が、
世の中の理不尽に晒されながらも
それらに立ち向かう「ゆとり世代」を演じる。

クドカンで日本テレビとなると
「ぼくの魔法使い」以来になるのかな?

みなさん「ぼくの魔法使い」は覚えてますか?
伊藤英明と篠原涼子の主演なんだけど
当時はまだ二人とも
今ほどブレイクしてなかった頃だったと思う。

篠原涼子と古田新太が入れ替わってしまう
というすごいストーリーだった。



クドカンドラマは、
プロデューサー、演出家との相性が重要で
TBSで継続的に作品を書いてるのは
その信頼関係が築けているからである

たまにテレ朝でも書いてるけど
どうもそっちはしっくり来ていない。
「ゆとりですが~」も楽しみにはしているけど
フタを開けてみないとなんとも言えないね…。

真田丸 #5

信長の死後の大混乱が描かれた第5話。

家康といい真田昌幸いい
みんな、どうしていいのか分からない。
そんな不安が伝わってきた。

その一方で、まだ歴史の表舞台に
出てこない真田信繁の
活躍の場面を作るのは大変そうね。



さて、今回から登場した服部半蔵は
ドラマは初出演となる
ハマカーンの浜谷健司が演じた。

一方、真田家に仕える佐助は藤井隆
…となぜかお笑い二人が
忍びを演じている。


藤井の方は、舞台「桜の園」、
そして片岡愛之助、優香との3人芝居
「酒と涙とジキルとハイド」に続いて
3本目の三谷作品となる。

今回のキャスティングにはこんなやり取りがあった。
三谷「藤井さんって壁走れますよね?」
藤井「ええ、走ってきましたね~!」
三谷「忍者できますよね?」
藤井「わりと忍者はやってきたほうですね~!」

…と、こんなふざけたやり取りで、
今回のキャストに決定していた。

まぁ、この会話より以前に
三谷の中では決まってたんだろうけどね。

プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR