釣りバカ日誌 Season2 #最終回

「釣りバカ」は、2015年のベスト3に
選んだくらい好きなドラマだったけど
シーズン2も同じくらい
楽しくてバカバカしくて…
素敵な時間を過ごさせて貰った。

まだまだ続いていきそうだけど
ハマちゃん、みち子さん夫婦は
四国に行っちゃったので
続きは映画にでもしようとしてるのかな。

四国でシーズン3だと
スーさんがずっと登場出来ないもんね。
スポンサーサイト

やっちゃった感満載カップヌードルCM

日清カップヌードルの新CMは
「魔女の宅急便」のキキが、女子高校生になって
高校生活を送っていたらという内容。



「魔女の宅急便」はジブリ作品というより
角野栄子の児童書という位置づけなのかもだけど
こういう原作をリスペクトしないアレンジ、
僕は大嫌い!!

女子高校生の設定にしてもいいけど
なんで舞台を日本にしちゃうの?
原作通り、グーチョキパン屋で
魔女の修業してるキキを描けばいいじゃん。
その方がとれだけファンに喜ばれるか。
それくらいのこと、すぐ解らないかなぁ。

作品を愛していない人が
自分を出そうとして失敗する典型的なパターン。
ジャッキーチェンの「シティハンター」を
思い出したよ。
同じ宮崎作品でも、ハイジを使った
トライのCMとは大違い。




センスの無い人が名作に関わっちゃダメ。

小さな巨人 #最終回

最初から最後まで
終始スカスカのグダグタでした…。

何かって言うと、小野田(香川照之)を
犯人と決め付けちゃう香坂(長谷川博己)。
堂々と正面から乗り込んでくるから
何か証拠でもあるのかと思えば
「勘」とか「覚悟」とか…。
挙句には「必ず証拠を見付ける」とか言いだす始末。
見付かってから来いよ…の繰り返し。

かと思えば、USBの破片とか、ペンのキャップとか
証拠にならない証拠を一生懸命探すけど
犯人は謙虚に至らず
小野田に血のついた紙切れをくれ
とか言い出す失態…。

それでも最後はスカッと出来るのかと思ったけど
そんな気持ちのいい場面もなく…。
何を面白いと思ったらいいのか
よく解らないドラマだった。

視聴者の裏をかこうとしてるウチに
作り手も「面白さ」とは何かがのか
解んなくなっちゃったな。

とにかくスカスカの脚本を
演技でカバーさせられる役者が
気の毒で仕方なかった。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #最終回

なんとも後味悪いね。
結城(金子ノブアキ)を殺してしまうことは
正しかったのかな…。
ずっと彼らを守ってると思われた鍛冶(長塚京三)も
総理の命令には逆らうことは出来ない
という悲しい現実でした。

テロによって犠牲者が出ることで
新たなテロリストを生んでしまう。
だからこそ軽率な対処は
慎まなきゃいけないんだよね。


続編も期待したかったけど
今のかたちでの続編は難しいようね。

SPのように、稲見(小栗)VS田丸(西島)の
内部の戦いにするのもありだけど…。

AKB48選抜総のイベント中止

天候のため、沖縄で行われるはずだった
『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントが
中止になった。

バカなのか…。


AKBの総選挙とか別に興味もないので
どうでもいいと言えばそれまでだけど
この総選挙、何年か前にも
大雨の中、野外でやってたよね。

この梅雨の真っただ中で
野外でやろうという意味が解らない。


かなり早い時期から決まってるのだから
会場が他にないワケではないだろ。
ドーム球場でもなんでも
屋内の施設でやるのが
ファンのために考えたら当然だと思うけど…。

それを沖縄のビーチでやろうとか
まともな大人の発想とは思えない。
振り回される沖縄のホテルもいい迷惑だ。

本当にバカなのか…。


今後も毎年恒例のイベントにしたいんだったら
ちゃんと考えなさいよ。
いい加減に運営してたら見放されるよ。



リバース #最終回

「広沢(小池徹平)を殺したのは、
 深瀬(藤原竜也)だった」というのが
この物語の大オチなので
最終回はエピローグ的な内容だった。

車を盗んだ連中というのは
取って付けた感あるが
彼らが広沢を殺したワケでもないので
そこは物語の本筋ではない…と。

僕は原作を知らないので
どこまでが原作に忠実なのか不明だけど
血痕が残ってたり、
広沢が離れた場所で見つかったりは
ドラマ用に付け加えたエピソード
…ということなのかね。

でも広沢が、コーヒー飲んだかは
実は誰も知らないんだよね。
ただ、雪に足を取られて
堕ちたのかもしれないし…。

結局、運転もしてないのだし
あの感じだと深瀬が
全て背負っちゃってる感じだなぁ。

架空OL日記


「架空OL日記」は、
バカリズム原作・脚本・主演のドラマ。

「黒い十人の女」、「住住」に続いて
今期もバカリズムは脚本を書いている。
3期連続でドラマを書いてるなんて
どんだけ才能があふれ出てくるんだよ…。

「架空OL日記」は銀行を舞台にした
OL達の何気ない日常を描いたドラマである。
バカリズム自身が、
主役の24歳のOLを演じているのだけど
それも全く違和感なく受け入れてしまう。

そもそもは、バカリズムがOLになりきって
架空の日常を綴ったブログ「架空升野日記」が
元になっている。



なんてことのない何気ない日常なのに
会話の端々にバカリズムのセンスの良さが
顔を出してきて、
終始ニヤニヤしてしまう。
本当に楽しい作品だ。

登場人物たちもキャラが立ってきて
回を増すごとにどんどん面白くなっているのに
30分なのであっという間に終わってしまうのが残念…。

ずっと続いて欲しいドラマだ。

ひよっこ #10

なんだ、やっぱり「すずふり亭」じゃん。
いつかはそうなると思ってたけど
石鹸工場の話があっさりなくなるとは…。
社長のいい加減そうな感じは
こういうことだったのね。
澄子(松本穂香)ともこれでお別れか。

愛子さん(和久井映見)は
まだどこかで出てくるのかな。
自分のことを後回しにして
みね子(有村架純)のことを心配してた
東京のお姉さん。
幸せになって欲しいね。


あと、高子(佐藤仁美)は、みね子が
来店した時もすごく優しかったもんね。
絶対いい人だと思ってた。

来週からの新展開も楽しみだな。

古沢良太はどこに?

夏ドラマの心躍らないスカスカのラインナップを見て
ふと思ってしまうのは、古沢良太のこと…。

古沢良太は「鈴木先生」や「リーガルハイ」の
脚本家なのだけど
2015年の「デート」のスペシャル以来
ドラマからは姿を消している。

今年は、ガッキーと瑛太W主演の卓球映画
「ミックス。」があるのと
大泉洋と松田龍平の「探偵はBARにいる3」の2本が
公開になるとはいえ
なんでドラマはやらんの?

特に「真田丸」と「逃げ恥~」が
話題になったタイミングで
「リーガルハイ」やるかなって期待したのだけどね。


何か大きな仕事でも抱えてるのかな。
朝ドラとか大河とか…。

リバース #9

蕎麦アレルギーって…。

コーヒーにハチミツのくだりは
ドラマ冒頭からずっと描かれていたけど
それが事件のキーなっていくとはね…。

小笠原(武田鉄矢)の
「罪を償いたくても、償えないのも辛い」のセリフ。
深瀬和久(藤原竜也)にもずっしりと
のしかかってきたなぁ。

ただ、確かに常にカレー食べてればまず問題ないけど
アレルギーのことは
友達には伝えておかないとダメでしょ。

とはいえ、雪に血痕が残っていたことと
死体の発見場所が事故現場から離れた場所だったこと。
これについては、むしろハチミツは関係ない。

いや、ハチミツはミスリードなのかも…。


全体的にとても上手く作っていて
最終回まで高いテンションを維持してきた。
ラストも楽しみだ。

プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR