重版出来! #7

今回の沼田と中田のエピソードは
原作でも特に好きな話だっただけに
その良さを完璧に映像化してくれて
更に感動だった。

沼田は自分を理解してくれる編集者には
出会えなかったけど
最も才能に嫉妬した中田が
作品を理解してくれた。
それでなんか満足しちゃったように思う。
もうこれで十分だと。
沼田には帰れる場所があって良かった。

あと、二人の噛み合ってない感じの
別れのシーンもとても好きだ。

「ヘタクソ」と散々バカにされてるけど
解る人はちゃんと解っている。
沼田もその一人だった。

結局、お互いの才能を認め合ってたんだよね。
沼田は、中田がいたから諦める決心が出来たし
中田にはせっかくのネームを
沼田が作品にしないのが許せなかった。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR