ラヴソング #最終回

このドラマ、何がしたかったんだろうね?

喉の病気のくだり、必要だったかな?
病気のお蔭で、吃音の扱いも薄くなったし
その病気自体も
大きな手術の割に、扱いは雑で
割と簡単に乗り越えたし…。

退院と共に姿を消すのも唐突。
大きな手術が変わって
リハビリも間もない状況で
全てを捨てて
誰も知ってる人のいない新しい場所で、
新しい仕事を探して
新しい生活を始めるって
そうとう強い人だと思うけど…。
「7秒の勇気」とかの次元じゃないよ。
さくらが成長したってことなの?

百歩譲って姿を消すにしても
シェリルをプロデュースする広平(福山)のために
身を引くくらいの方が自然だった。
中途半端な扱いの病気が
物語のジャマしてるようにしか思えなかった。


ラストも広平が夜まで
路上ライブを見ていながら
(さくらと空一には全く気付かれない)
声を掛けずに帰るのも
なんかモヤモヤしたなぁ。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR