猪木VSアリ

1976年6月26日に行われた
ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリと
アントニオ猪木の異種格闘技戦。

僕の父親は生で見たと言っていたので
当時、一応生まれてた僕も
なんらかの形で目なり耳なりしてたとは思う(笑)。

今回、アリの死もあって
この一戦がノーカットで放送された。
部分部分は見たことがあったが
フルで見るのは初めてだ。


当時は、「世紀の凡戦」「茶番」と
酷評されまくったこの一戦だったが
なんだメチャクチャ面白いじゃないか!!!

まずさ、世界最強と言われたプロボクシングの
チャンピオンが、相手が横になるだけで
何も出来なくってしまうという事実…!!
これだけでもスゴいって
みんな思わなかったのかなぁ。

その猪木も、僕はずっと寝たままなのかと思ってたら
けっこうスタンド状態で
スライディング気味にローキックを放ってたんだね。
全然ズルくないし
ルールの中で物凄く練り込まれた作戦だ。

引き分けは残念だろうけど
今となっては、むしろ引き分けで
良かったとさえ思った。


まぁ、当時の人達には
これを見るだけのスキルは無かったか…。

まさか、猪木がアリに
延髄切りとか卍固めとか決めると
思ってたのかなぁ(笑)。

あの頃の人には、名勝負と言われた
桜庭VSグレイシーすら理解出来ないんだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR