ファインディング・ドリー

ジョン・ラセターがディズニーに行って以来
ディズニーの完成度は上がった代わりに
ピクサーの凋落ぶりはひどいことになってる。

それで「ドリー」なんだけど
前作の「ニモ」が大傑作だっただけに
どうかなぁ?…というのが見前の感想だったけど
正直「こんなモンか」って感じ。
悪くはないけど、特別良くもない。

まず、タコが便利過ぎなんだよね。
魚であることで
自由の利かない海洋研究所での移動も
タコがいるおかげでスムーズに進んでしまう。

海洋研究所を舞台にしちゃったので
研究所内の移動を可能にするために
タコという便利屋を登場させたのは解るんだけど
ちょっと頼り過ぎだし、都合が良すぎる。

更に過去のピクサー作品の
アイディアの使い回しも気になった。
(トイストーリーでもおもちゃが車運転するしね)

家族、仲間というテーマも
やり尽くしちゃった感もある。

そうなるとどうしても
新鮮味には欠けてしまうなぁ。


あとニモは全然大きくならないけど
いつまで子供のままなんだ?(笑)






関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR