「チェイサー」4巻

僕がここ3年くらいで
最も新刊の発売が待ち遠しい漫画「チェイサー」。
その4巻です。

今回も期待通りの面白さでした。
そのウチ、ドラマ化もありそう(地味だけど…)。




「チェイサー」を知らない方のために…。

物語は、昭和30年代前半から始まる。

「チェイサー」は、“漫画の神様”手塚治虫と
その手塚を意識しまっくてるマンガ家の物語。

主人公の手塚を意識しまっくてるマンガ家・海徳光市は、
もちろんフィクションなんだけど
彼の目線で手塚治虫というマンガ家の凄さが
語られる…と同時に
当時の漫画の時代背景もしっかり描かれていくのが
このマンガの面白さでもある。

ただ、4巻では
ずっと絶頂をひた走っていた手塚治虫が
アニメも打ち切られ、連載も不調。
次第に漫画界の端に追いやられていく。
手塚の焦りをヒシヒシと感じてしまう。

そんな中、いよいよ「少年ジャンプ」も創刊…。




ちなみに、失敗作とされている
「W3」と「バンパイヤ」なんだけど
僕は大好きな作品。
手塚ベスト5なら必ず二つとも入れてしまう。


上手くいかなかったのは
スポ根ブームの時代に合わなかっただけの気がするなぁ。




ちなみに、一番好きなのは「アドルフに告ぐ」。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

きゃー!アドルフに告ぐ、私の愛蔵書です!!!

No title

母饅頭さん

アドルフに告ぐは超名作ですよね。
晩年にあれを描いたことに手塚治虫の
底知れぬ才能を感じました。

プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR