「江川と西本」4巻

漫画「江川と西本」は
タイトルのように、プロ野球選手の
江川卓と西本聖の物語である。


4巻では、江川の「空白の一日事件」について
描かれている。


当時の野球協約では、ドラフト会議で交渉権を得た球団が
その選手と交渉できるのは、
翌年のドラフト会議の前々日まで…と記されていた。

「前々日」とドラフト会議日の間の1日が
「空白の一日」である。

この「空白の一日」に、ジャイアンツと江川卓が
勝手に契約を結んでしまったことが
この事件である。


ジャイアンツ側の主張としては
この「空白の一日」には、
前年のドラフト交渉権はないのだから
契約するのは自由である…ってこと。

野球協約のスキを付いた作戦だったが
これがファンから大ヒンシュクを買うことになった。


僕は世代的にこの事件のことを
ちゃんと解っていなかったのだが
4巻を読むことで
それぞれの立場から関係者がどんな思いで
この事件を見ていたかが丁寧に描かれていて
とても面白かった。

この事件のおかげで江川は、完全なる超悪役として
プロ野球人生を歩むことになってしまうのだが
江川自身がこの契約を提案したワケでも
望んだワケでもない。
江川が巨人に行きたかっただけなのである。
悪いのは巨人の首脳陣で
江川もそれに巻き込まれた被害者なのだ。



そして、この事件は
小林繁との電撃トレードへと進むワケだが
その辺りは5巻で描かれることになる。

楽しみだなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR