「しくじり先生」野沢直子

10/10の「しくじり先生」で
野沢直子が90年代の伝説のコント番組
「夢で逢えたら」について語った。


僕もモロに夢逢世代なので
とても興味深い内容だった。

番組放送中の'91年に、野沢直子は
全てのレギュラー番組を捨てて
ニューヨークへと渡ったのだが
それは夢逢メンバーとの
歴然とした才能の違いを痛感したことでの
海外逃亡だったことを明かした。
(後に6人中4人が
 同様の思いで収録していたことを知ることになる)


この番組、僕は、松本人志と内村光良の
2トップだったと記憶している。

二人はお互いの才能を認めていたし
二人が絡んだコントは相性も良かった。
(2009年の「ドリームマッチ」でやった
 二人のコントも最高だったなぁ)

実は、これだけの伝説の人気番組が
DVD化出来ていないのも
この二人が首を縦に振らないからである。

「伝説は伝説として残しておいた方がいい」
というのがその理由で、その理由も理解できる…。

なんでも簡単に手に入って
簡単に消耗してしまう世の中で
伝説はなかなか作りづらい。

みんなの心の中だけで
大切に留めておくのもあっていいと思う。


ちなみに、夢逢は土曜深夜のイメージが強いが
当初は金曜の深夜で半年間放送していた。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR