カルテット #3

泣きながらご飯食べた人は、生きていける。
3話はすずめ(満島ひかり)の過去についての話だった。

父親を許せないでいるすずめ。
最後の最後で全てを許して見送る
…みたいな有りがちな展開に坂元裕二がするワケもなく。
真紀(松たか子)が看取ることになる。

結局、病院には行かなかったようだけど
すずめは鍵を二つ持っていたね。



さて、今回も深かったけど
「ん?」と思ったところもあった。

すずめの過去を知った同僚が
「出てけ」と机に紙を置くくだり。
ものすごい違和感があった。

中学生じゃあるまいし
いい大人がそんなことする?
それも100枚だよ。

テレビの中の子供が
本人かどうかの確認もしていないし
知ったとしても知らないフリをする。
それが大人ですよ。
それが日本人ですよ。

自分に何かしら被害があったなら
まぁ解るけど
別に今回の場合、詐欺で父親が逮捕されたとはいえ
子供の時のことだよ。

すずめが自分の居場所をなくしてきたことを
表現したいのだろうけど
そこまで大げさにしなくても
伝わるのでは?…と思ってしまった。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR