カルテット #6

巻夫婦の話はなんとも切なかった。

夫婦たって、他人なんだから
全ての価値観が同じなんてあり得ないのだけど
それでも同じ価値観を求めてしまう。
それは、好きな人と楽しみを共有したいから。
一緒に楽しい時間を過ごしたいと思うから…。

相手の価値観を否定せずに認めてあげることも
大事なことだけど
何も言えずに全てを受け入れてた旦那(宮藤官九郎)は
疲れてしまったように思う。

女の人は、この旦那に対してイラッとするだろうけど
(もちろん、この旦那はダメダメなんだけど…)
僕は、真紀(松たか子)に対してもイラッとした。

ホントに旦那さんのことが好きだったのだろうか。

旦那さんの大好きな詩集を
読みもしない上に、鍋敷きに使う。

映画を見ながら「いい人?悪い人?」
…なんて聞くことに、
旦那がいい顔していないことにも気づかない。

居酒屋で「愛してるけど好きじゃない」と
言われるまで、何も感じてなかったのかなぁ。
ちゃんと見てあげてたのかなぁ。


ただ、真紀はまだ何か隠してそうで
彼女の話は全て鵜呑みには出来ない気がする。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR