小さな巨人 #5

なんかもう、いろいろとグダグダだったなぁ。

半沢的なところとか
マジックミラーのくだりとか
いろいろと突っ込みだすとキリがない。

そして結局、三笠(春風亭昇太)は
逃げ切ってしまう…という意味不明のオチ。
なんであんな風にしたんだろね?
何がしたいのかわからない。
スカッとさせたかったのではないのか???


更に言えば、昇太にあの役は荷が重いよ。
どうしても小物感が出てしまって
あんな大胆な行動が出来る人物には
到底思えない。
憎々しさも出ないから
見てて気持ちも入り辛い。

同じ落語家でも
「ルーズヴェルト・ゲーム」の
立川談春はハマってたけどね。
…とはいえ、TBSのキャスティングは
狙い過ぎて外すことが多々ある。
ヘタクソなんだよなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR