樹は根に拠って立つ、されど根は人の目に触れず

「やすらぎの郷」も終わった。

全話見てたけど、結局何が言いたいのか
よく解らなくなっちゃった。
倉本聡は途中で書くの飽きちゃったのかな…。

ハッピーの事件くらいから
グダグダになってたなぁ。
(あの話にしても、
 ハッピーの敵を討って終わり…って
 あまりにも浅はかな展開にガッカリだった)

あと、世間では、秘密のハズのやすらぎの郷なのに
割と簡単に外部の人間が入ってこれちゃって
セキュリティはどうなってんの?
孫とか簡単に入って来れてるもんね。
週刊誌の記者が偽名で侵入出来ちゃうよ。


最後は、菊村栄(石坂浩二)が、若い女の子に
まんまと騙された挙句、醜態をさらして…。
色ボケしたみっともない年寄りを
描きたかったのかな…。
(アザミは「あざむく」ということ?)
見るに堪えなかった。

外国人俳優は素晴らしいとか、
昔は良かったとか…
「北の国から」の後半と同様に
年寄のグチが多かったなぁ。

現在のテレビ界は上部だけの駄作ばかりと
批判していたが
結局、この作品もその一つになっちゃったよ。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR