映画「三度目の殺人」

被告人が役所広司みたいな演技派だったら
弁護士も騙されちゃうね(笑)。


是枝裕和監督の「三度目の殺人」。

タイトルに「殺人」とあるけど
ミステリーではありません。

「真犯人はこいつだ!」みたいな展開を望むなら、
「名探偵コナン」を見た方がいい。
「三度目の殺人」はそういう作品ではないのだ。


僕は観終わった時のモヤモヤは、ほぼなかった。
割と自分の中で消化出来たから…。

是枝監督は、弁護士から
「法廷は別に真実を究明する場所ではない」
「利害調整をする場所」と言われたそうだ。

事件に関わる全ての人の利害を聞いて
落としどころを探る場所。
それが裁判である。

そんな感じで物語も進んでいくのだけど
あることから突然、三隅(役所広司)が供述を覆す。

三隅はそれまでも、発言がコロコロ変わるのだが
それはある事実を隠しているから…。

そして、重盛(福山雅治)も、三隅も、
殺された山中も、みんな娘を持つ父親であることも
意味があると僕は思った。



是枝監督が仮で作ったコピー。
「一度目はケダモノが、二度目は人間が殺した
  三度目の殺人」

ここに答えはある気がした。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR