続編ドラマ批判について

フジテレビの大多常務が、
続編ドラマが多い現状について質問を受け、
「むしろ新作が多過ぎると個人的には思っている。
少なくても4枠あるうちの2枠あってもいい」と語った。

僕自身は続編そのものを批判するつもりはない。
続編を作るということは人気があるからだし
ファンにしてみれば続編が作られるのは嬉しいことだ。


僕が危惧するのはファンをガッカリさせる
安易な続編である。

例えばキャスト変更。
「ガリレオ」では柴咲コウから吉高由里子へ相棒が変わり
7月から始まる「救命病棟24時」では
江口洋介から時任三郎に主役が変更になる。
主役が変わる時点で
それは本来のドラマではなくなるのだから
続編という位置づけ自体おかしい。

人気作だからこそ
作品のクオリティや
ファンが求めることを意識して欲しい。
それは新作を作ることと同じくらい
気を使うべきことなんだと思う。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR