任天堂、営業赤字3期連続

任天堂は2014年3月期連結業績予想を大幅に下方修正し、
売上高を従来予想より3300億円減の
5900億円になると発表した。

足を引っ張ってるのはWiiUだろう。
スマホ、タブレットの影響というより
そもそもソフトが圧倒的に少ない。

特にサードパーティのソフトがほぼ無い。
これはWiiの時から言われていたが
独自のコントローラを任天堂以外のメーカーが
使いこなせていないのだ。
結果、任天堂だけが売れる
⇒Wiiでのソフト開発を見合わせるという流れになり
それがWiiUになってより加速した。
特に海外の不振は深刻だ。


こうなると岩田社長の退陣という話も出て来るが
退陣したところで何が変わるのか…?

無知な評論家は、「任天堂もスマホでゲームを出せ」
みたいなことを言ったりするが
そんなことをすればそれこそ致命的である。

WiiUはともかく
3DSは、そろそろ1千5百万台に手が届くワケで
大成功といえる。
そのライバルであるスマホに
わざわざソフトを投入する意味がない。
しかも無料ダウンロード&課金で収益を得る
ビジネスモデルは
健全な経営を目指す任天堂にとって
ブランドイメージを下げるだけである。
ルイビトンやロレックスに百円ショップで
商品を発売しろと言ってるようなものだ。


2013年を振り返ってみると
モンハン4が330万本、ポケモンが400万本も売れたので
ハードとしては売り上げは伸びたけど
任天堂自身のソフトとしては
4月発売の「トモダチコレクション 新生活」が160万本
…くらいだったりする。

勝負をかけた年末商戦も
「Wii Party U」と
「スーパーマリオ3Dワールド」ではねぇ…。


課題はやっぱりWiiUなんだけど
正直、任天堂っ子の僕ですら
打開策は難しいと思う。
『スマブラ』で一時的に盛り上がりはするけど
その後は何もない。
やるべきことってハードの値段下げるくらいか…。
ファミリー層には強いのだから
そこを伸ばすしかないだろうね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR