鈴木プロデューサーが勇退

「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサーが勇退する。
今後はゼネラル・マネジャーとなり後方支援にまわる。


なんだかんだ言っても
鈴木Pは、ジブリには必要な存在だった。
宮崎駿がどれだけ天才でも
どれだけ優れた作品を生み出していたとしても
鈴木敏夫がプロデューサーを務める以前の
「となりのトトロ」までの興行成績をみれば一目瞭然。
プロデューサーというのは大事な仕事なのだ。

ジプリの商業主義化を進めたと言われているが
商業主義で何が悪いのか?
ビジネスとしてアニメを作り続けるためには
興行を成功させる必要がある。
そのためにはなんでもするのが
プロデューサーの仕事。
その結果、ジブリはここまで大きくなったのだ。


ただ、圧倒的存在感の鈴木Pが去って
ジブリがどうなるのかは一抹の不安がある。
後継者の西村義明はどんな実物かはまだ分からないが
ジブリブランドを背負いつつ
新しい時代を築いて欲しい。

結局、鈴木敏夫はクチ出してきそうだけど…。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR