アナと雪の女王

日本語版の吹き替えが
姉が松たか子、妹が神田沙也加と
聞いていたので
てっきり主役は姉なのかと思いきや
まさかの神田沙也加の方だった(笑)。


前評判通り、楽しく見れたのだけど
引っ掛かった部分もチョイチョイある。

姉のエルサは、生まれつき
呪われた魔法の力を持っているのだけど
そこには何か理由があるのかと思ったら
本当にたまたま呪われただけ
…という運が悪かったみたいな感じで
だからラストも唐突。
真実の愛がどうとかで
魔法もコントロール出来るようになっちゃった
…というのが説得力なくて
呪いってなんだったんだよ?


13人兄弟の王子も突然悪くなり過ぎで
悪くなるような伏線とか
なかったように思うんだけど
それって、見せ方としてはなんかズルいよね。




悪くない作品なだけに
細かいところが気になっちゃう。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR