酒と涙とジキルとハイド

僕は、三谷幸喜ファン歴23年になるのだけど
三谷作品は、どうもここのところパッとしてない。

振り返ってみれば
2003年の『オケピ!』の再演、
2004年の大河『新選組』あたりがピークで、
徐々に下降線って感じ。

歌舞伎や文楽に手を出したり
香取慎吾、江口洋介、竹内結子などに
初舞台を踏ませたり
海外作品を演出したり
WOWOWのワンカットドラマやったりと
話題性はあるものの、どれも作品としては中途半端。
作品の内容よりも話題性ばかりが評価の対象になっている。


今回の新作舞台『酒と涙とジキルとハイド』は
久しぶりの純粋なコメディということで期待したが
全盛期の三谷コメディを知る者としては
かなりガッカリな内容だった。
2001年のコメディの最高傑作
『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』には
もう遠く及ばない。
正直、もうコメディを書くのが
辛い年齢なのかもしれない。

でも、笑いがなかったら
三谷幸喜にはなんの価値もない。
三谷は、物語を作る能力というより
物語に上手く笑いを取り込むのが上手いタイプで
あると思うし
まして、演出家としての才能は
それほどないと僕は思っている。


作品の本数を絞って
作りこんだコメディを作って欲しいなぁ。
子供も生まれるんだし
まだ老け込んでる場合じゃないよ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR