ジブリ 映画制作部門を解体?

スタジオジブリが、映画制作から撤退するという。

正式な発表があったわけではないので
どこまでが正しい情報なのかは分からないが
8/3の情熱大陸の中で
スタジオジブリの代表取締役の鈴木敏夫氏が
「映画製作部門を解体しようと思う」と語ったのが
そもそもの発端である。

ジブリはアニメ業界では珍しく
スタッフ300人を正社員として雇用している。
(一部の例外は除くが)

これはアニメ界の待遇改善のため
1991年より行われてきた。
しかし映画のスケジュールには波があるため
300人ものスタッフに常に仕事を与えるのは
とても難しい。
仕事のない時期に
ゲーム「二ノ国」のアニメーション作画を
行ったこともあった。


加えて、稼ぎ頭だった天才宮崎駿が
引退したのは大きい。
興行的規模が縮小すれば
スタッフの数も縮小せざるを得ない。
だからといって、「宮崎復帰」というのは
なんの解決策にもならない。
新しい時代は新しい人間で切り開かねばならないのだ。


今後、どうなっていくのかはまだ分からないが
ジブリで育った才能が
また楽しい夢をみせてくれる日を
僕は待っている。


ちなみに僕は、「風の谷のナウシカ」から
「思い出のマーニー」まで
全てのジブリ作品を劇場でリアルタイムで観ている。
これは自慢だ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR