山賊の娘ローニャ

『ゲド戦記』『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督
初のテレビアニメシリーズである。

NHKのテレビアニメといえば
1978年に父・宮崎駿も『未来少年コナン』を
『ローニャ』と同じく2クール制作している。

原作の「残された人びと」を大幅にアレンジした
『コナン』とは逆に
『山賊の娘ローニャ』は原作通り忠実にやるそうだ。
それは正しい。

『ゲド戦記』『コクリコ~』で
吾朗に何かを期待出来ないことは解ってる。
才能がない人が、余計なことはしなくていい。
天才の父とは違うのだ。



しかし、それにしてもだ…。
『ローニャ』の1、2…そして3話も本当に退屈だった。
ローニャが生まれて、外に出るだけの内容で
2話も使うか…。
中身が無い上に話が進まない…。

確かに日常を描いてるだけで面白い作品もある。
それは会話だったりキャラの魅力だったりするんだけど
会話の間も悪いし
この登場人物たちにはまるで魅力がない。
キレイな背景だけが唯一の救い…。

この先、大丈夫か?
新キャラ登場の次回に期待しよう。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR