織田裕二

池井戸潤原作のWOWOWの連続ドラマ「株価暴落」。

思った通り、面白くて
あっと言う間だった。

爆破テロの標的にされた巨大スーパーの
経営再建をする物語。
池井戸潤で銀行ものなので
半沢感はどうしても拭えないけど
面白いからまぁいいでしょ。


唯一の不安要素だった織田裕二も
抑えた演技で無難にこなしていた。

しかし、織田裕二はつくづく幸せな役者だと思う。

役者というのは旬の時期というのがある。
若い頃から、50代、60代まで
ずっーと主役を晴れる役者はそうは居ない。
(田村正和くらいか…)

20代の頃は、キャーキャー言われて
主役を張っていたとしても
そのポジションはいつしか
新しい若い役者に取って代わられる。
ちょっとずつシフトチェンジしながら
新しい居場所を探していくのだ。

織田裕二はちょうどそんな時期に差し掛かった頃
『踊る大捜査線』と出会うことが出来た。
1997年に始まった同シリーズは
続編、映画、スピンオフと
大ヒットを飛ばし続け2012年まで続くのだ。

「踊る~」だけで終わりたくない織田裕二自身は
その間、青島から脱却すべく
いろんなことに挑戦もしているが
全て空振りに終わっている。

でも逆に考えたら『踊る大捜査線』程の
作品に出会えたことを大事にするべきだったのだ。
こんなに幸せな役者が他にいるのかとね。

言っちゃなんだけど
特別演技が上手いワケでもないし
演技の幅が広いワケでもない。
そんな織田裕二に、
もし『踊る大捜査線』が無かったら
『世界陸上』の面白いおじさんでしか
なかったかもしれない。
いや、そもそも『世界陸上』だって
やってたかどうか…。
当然、今回の『株価暴落』の主演もなかっただろう。

そう考えると、彼がどれだけ幸せかわかる。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR