ドラマ「黒い看護婦」の時間短縮について

13日22時~フジテレビ系で放送された
ドラマ「黒い看護婦」。

02年に福岡県久留米市で発覚した事件を描いた
ジャーナリストの森功氏の
「黒い看護婦-福岡四人組保険金連続殺人-」が原作で
看護師が保険金目当てに
仲間の夫を連続して殺害するという内容である。

監督を務めた平山秀幸によると
もともと92分だったのを「74分に削って欲しい」と
制作会社から連絡が入ったという。
平山監督は断固拒否し、
「『縮めるならそちらでやってくれ』と。
ただし、僕の作品ではなくなるから
僕のクレジットは外すように」と通告した。
そのため、エンドロールや番組ホームページには
監督はじめとした制作陣の記載が一切無くなった。



問題はどういった経緯で
時間短縮に至ったのかにあると思う。

そもそも74分だったのを連絡ミスで
92分と伝わってしまっていたのか。
なんらかの事情で
時間を短くしなければならなくなったのか。
フジテレビの問題なのか。
制作会社・テレパックの問題なのか。
スポンサーの問題なのか。

一概にフジテレビだけが悪いとは言えないけれど
それでも「フジテレビしっかりしてくれよ」
…と言いたい。
しょうもないミスが多すぎるよ。
フジテレビが元気じゃないと
テレビは面白くなっていかないよ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR