天皇の料理番#8

ちんたら、ちんたら全然話進まねぇな。
天皇の料理番になるまでやるのかな
…って思ってたら
パリに行く前に精養軒で3年。
パリに行ってからも3年。
あっという間に6年も過ぎてしまった…。

てっきりお兄さんも亡くなってるのかと思ったら
ご存命だった…。
けっこうしぶといね。


そんなところに突然降って湧いたように
天皇の料理番の話…。
なんで?

篤蔵、なんかしたっけ?
パリで頑張ってはいるけど
まだ修行中の身だし。
推薦した宇佐美が知ってるのも
日本までの篤蔵。
パリでの活躍を知ってるの?

なんか唐突感しか感じない。
天皇の料理番への流れが
余りにもエピソードに乏しい。

やっぱりパリでの修行でどれだけ出世して
地位を向上していったかのエピソードが欲しいし
本格的なフランス料理を作れる料理人が
国内に居ないというところも
もっと強調するべきである。
なんかただ回りの人に恵まれた
ラッキーな人って感じ。



実際の秋山徳蔵は
華族会館で3年。
精養軒を経て東洋軒・三田本店の料理長を
経験した後にパリに渡っている。
下地が違う気がする。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR