バケモノの子

映画「バケモノの子」。

バケモノっていうか動物の世界だった。
すごい凶悪でもないし
人間離れした能力があるわけでもない。
結局、人間の方がよっぽどバケモノだった
…というのはなんなんだろう。

闇を持ってる人間が、バケモノの世界に来ると
とんでもない能力が発揮出来るとしても
それが人間界でも同じというのは
ちょっと意味不明だった。

最後の着地点もよく解らない。
熊徹と本当の父親との間で
どっちか選ばないといけないので
むりやり熊徹は取り込んじゃったって感じ。


細田守は、「時をかける少女」を観た時の
この先、どんな作品を作っていくのだろう
…という期待感が
「サマーウォーズ」「おおかみこども~」
と来て、今回の「バケモノの子」…。
作品を重ねる度にガッカリさせられる。
この辺りで限界なんだろうなぁ

ハデなバトルも、親子の愛も
表面的で薄っぺらいんだよなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR