ブリッジ・オブ・スパイ

たまたま当たった試写会で見たのだけど
スピルバーグが監督してるという以外
なんの知識もなく見た。

ソ連のスパイを弁護する話なのかと思ったら
後半は人質の交換へと舞台はドイツへ…。

物語は大きな事件もなく淡々と進む。
ハラハラドキドキもないし
「やられた」…みたいなどんでん返しもないし
感動するようなラストもない。
全体を通して見せ場という見せ場はない。

あえてそうしてるのかもしれないけど
ソ連のスパイももうちょっと具体的に
どんな活動をしてたのか知りたかったなぁ。
ソ連にとってどの程度の人なのかが見えてこない。

そんで、後で知ったんだけど
この映画って実際にあった話なのね。
“U-2撃墜事件”の舞台裏…と言われても
その事件自体知らないしなぁ…。

まぁ、実際にあった話と聞けば
地味な内容もなんか納得出来た。
現実なんてこんなモンだ。


でも、お金払ってみたい作品かな…と思えば
ちょっと疑問かな。
試写会で当たってなかったら
一生見ることのない映画だった。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR