いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #4

練は音のことが好きだったと告白。
そうだったのか。
東京に来て一番楽しいという言葉は
そういうことだったのね。

でも、練は木穂子を支えないといけない。
そう考えて音への気持ちは
封印することにした。
何も説明しなかったけど
音もなんとなく察したんだろう。

好きでもないのに温情で一緒に居るのは
相手に失礼だ…という意見もあると思うけど
でもさ、そんな簡単に立ち回れないよ。
今の木穂子を一人にはさせられないでしょ。
男気ってそういうもんだよ。
むしろそこを簡単に乗り換えられる男は
クズ野郎だと思う。

まぁ、だからと言って
音に冷たく接しなくてもと思ってしまう…。
たまにバスで会った時に
挨拶してちょっと楽しく話す。
それくらいの関係ではダメなのかなぁ。
不器用な練はそんなふうに
上手く割り切れないのだろけど…。



一方、よく解らなくなってきたのは
小夏(森川葵)と晴太(坂口健太郎)。
完全に別ストーリーみたいになってきてるけど
晴太が小夏を好きになるというのは
ちょっと意外だった。
交友関係も広そうだし、モテてそうだしなぁ…。
そもそも晴太は何をしてる人なんだ?


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR