ピクサー展と浦沢直樹展

朝から東京都現代美術館でやっているピクサー展へ。
平日なのにやけに子供が多いなぁ
…と思ったらもう春休みだったよ。

ピクサーは、長編1作目の「トイストーリー」から
最新作の「アーロと少年」まで
全て映画館で見ているくらいのファン。

好きなのは「トイストーリー」がダントツで
あとは「ニモ」、「インクレディブル」とかかな…。
ラセターがディズニーと兼任するようになってからは
けっこうハズしてると思う…。

今回の「ピクサー展」は制作の裏側にスポットを当てた
かなりマニアックな内容で
子供ではあんまり楽しめないかも…。

僕はなんだかんだで3時間くらいいた。




そのまま世田谷文学館へ移動。
らーらさんがブログで描いてた「浦沢直樹展」へ。

ずっとスピリッツを読んでたので
「YAWARA!」とか「Happy!」は
読んではいたんだけど
この頃はけっこう流し読みだった。

興味を持ったのは
やっぱり「MONSTER」からだよね。
スケールの大きさと構成の巧みさで
グイグイ引き込まれた。
その後の「20世紀少年」、「PLUTO」、
「BILLY BAT」と
完全に流れを掴んだよね。

浦沢直樹の凄さって
見せ方、演出の上手さだよね。
鼻に付くくらい見事に見せてくる。
だから読み易いし、スケールの大きい話も
読者が付いてこれる。

たくさん描けば身に付くと
浦沢直樹本人は言うんだけど
尾田栄一郎みたいに
人気作家なのにいつまで経っても
構成が上手くならない人もいる。

今回の展覧会でも高校生の時の作品があったけど
やっぱり既に上手いんだよね。
結局、センスなんだよなぁ。
…って改めて思いました。







そういえば、以前テレビで
小室哲哉と浦沢直樹が共演してて
二人は同じ中学の先輩、後輩なんだけど
「20世紀少年」にも登場する
『20th Century Boy』を勝手に放送室から
流しちゃうエピソード。
実際に浦沢が中学時代にやった話なのだが
その時の放送部の部長が小室哲哉だったのだ。
「20世紀少年」の世界には
小室哲哉も存在していた…ってスゴイ話だなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なぎたけ

Author:なぎたけ
4月27日生まれ。
千葉出身。

飼い猫の名は、
板東ツナ三郎&ウメ。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
nagi_takeをフォローしましょう
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR